インプラント専門解説サイト

費用・メリット・デメリットなどを基本から説明

画像

インプラントが出来ない例?

インプラントは自分の歯と同じような感覚で歯を補う事のできる画期的な技術です。
なんらかの要因で歯がなくなってしまったらインプラント!と言いたいところですが、実はインプラントが出来ないケースもあります。
また、従来はインプラントが出来なかったケースでも、最近では補助手術を受けることで可能になることもあります。
併せて紹介していきますので参考にしてください。


インプラントが受けられないor難しいケース

・20歳以下の方
20歳以下の型の場合、個人差はありますが、まだ顎の骨が成長している可能性があります。
まだ顎の骨が動いている(成長している)内にインプラントを埋入してしまうと、インプラントだけが動かないので歯並びに影響が出てしまいます。
そのため、20歳以下の型の場合は抜けた歯の部分を別の方法で補い、骨の成長が止まったらインプラントをする、という方法が取られることもあります。

・高齢の方
高齢の方の場合、治癒能力の低下が懸念されるので外科手術であるインプラントを受けることが出来ない場合があります。
また、病気などで体力が低く外科手術に耐えられない場合もインプラントを受けることが出来ません。 ただし、何歳以上はNGなどの決まりはないので、精密検査をして問題が無ければ高齢の方でもインプラント手術を受けることができます。

・妊娠中や授乳中
妊娠中は長時間にわたる上向きの姿勢が様々な悪影響を引き起こす恐れがある為、インプラントを受けることはできません。
また、術後は痛みや感染症を抑える為に抗生物質や頓服などの薬の服用が必要となります。
妊婦さんは飲んでよい薬も限られますし、なるべくなら薬を飲まないほうが良いため、インプラントは受けないほうが良いでしょう。
授乳中も同様の理由です。

・喫煙者
条件次第では行ってもらえる場合もありますが、基本的に喫煙者のインプラント成功率は非喫煙者と比較して低くなるので、喫煙者のインプラント手術は歯科医から嫌がられるケースがあります。
実際に喫煙者の場合は、血行が悪い傾向にあり骨の再生や手術後の治癒力が低いので、創傷治癒不全なども懸念されます。
また、喫煙者は歯周病の方も多い傾向にあるので、その点からもインプラントが難しいとされています。

・歯周病の方
歯周病は顎の骨が失われていくので、十分な顎の骨量が必要となるインプラント手術が行えません。
この場合、骨誘導再生法(GBR)や、組織再生誘導(GTR)、サイナスリフト・ソケットリフト・ボーングラフトといった骨移植手術を行う事でインプラントが可能になるケースもあります。

・術後の定期メンテナンスに通えない方
インプラントは術後、徐々に定着・安定しているため、術後の経過も非常に大切です。
その為、定期的なメンテナンスの為にインプラントを受けたクリニックに通う必要がありますが、これが不可能な方はインプラントを受けることができません。
インプラントを受けるのであれば、年に数回の定期メンテナンスには必ず通いましょう。

この他にも、疾患や口内の状態、体調などによってインプラントを受けられない場合があります。
これは歯科医師それぞれの判断によるところもありますので、まずはクリニックにって相談してみましょう。

Copyright© 2009 dental implant calum All Rights Reserved.