インプラント専門解説サイト

費用・メリット・デメリットなどを基本から説明

画像

インプラントの仕組み

インプラントは、抜けた歯を最も自然に補うことの出来る優れた技術です。
差し歯やブリッジ等よりも自分の歯のように扱う事ができて、見た目も大変自然なため、インプラントを利用する人が増えています。

ここでは、インプラントという言葉は聞いたことがあるけれど、具体的にどのような方法で治療が進むのか分らないという方の為に、簡単に解説しています。

・インプラントは外科手術
まず第一に、インプラントは外科手術を伴う事を覚えておいてください。
現在では、インプラントを受ける方が増えていることから、インプラント専門医ではない一般的な歯科医でもインプラントの看板を掲げていることがあります。
しかし、インプラントは外科手術を必要とする非常に精密な技術が要求されます。
専門的にインプラント技術を学んだ経験豊富な歯科医で受けるようにしてください。
もし、掛かり付けの歯科医からその医院でのインプラントを勧められた場合、インプラントを専門的扱っているのかどうかしっかりと確認したり、またはインプラントを受けるために新たな専門医を探す必要があります。
後々のトラブルを避けるためにもこの確認はしっかりと行いましょう。

・インプラントの構造
インプラントは、基本的に3つのパーツに分かれています。
まず、顎の骨に埋め込み、歯の土台となるフィクスチャー(人工歯根)。
フィクスチャーと人工歯をつなぐアバットメントという連結部。
そして、人工歯。
この3つから成り立っています。

この他に、フィクスチャーとアバットメントが一体になった1ピースタイプもあります。

・一回法と二回法
インプラントを埋入するための手術には、『一回法』と『二回法』があります。

一回法とは、外科手術が一回で済むタイプです。
一回の手術で、フィクスチャーとアバットメントの装着を済ませます。
さらに、一回で人工の歯まで装着してしまう方法もあります。
手術回数が少ない分、身体への負担も軽減されるのですが、骨の量や硬さといった条件が整っていないと一回法は受けられません。

二回法とは、二回の外科手術を受けるタイプです。
一回目の手術でフィクスチャーを埋入し、歯茎を閉じ、数ヶ月かけてフィクスチャーを定着させます。
その後、歯茎を再切開してアバットメントを装着します。
これが二回目の手術内容です。

その他、抜歯即時埋入法などの新しい技術もどんどん開発されています。
また、骨の状態などでインプラントを受けられない人が、インプラントを埋め込める状態にするための補助手術などもあり、より完全で確実なインプラント手術を受けられるようになっています。

口内の健康、ひいては全身の健康の為にも、諦めずにまずはインプラント専門医を受診してみると良いでしょう。

Copyright© 2009 dental implant calum All Rights Reserved.